1. 水道水に含まれる塩素はお肌に悪い?体に及ぼす悪影響

水道水に含まれる塩素はお肌に悪い?体に及ぼす悪影響

[記事公開日][最終更新日]

水道水に含まれる塩素はお肌に悪い?体に及ぼす悪影響

飲料水

塩素は日本の水道水において、殺菌消毒のため投入が義務づけられています。

これは国民の健康と安全を守るためですが、その強い殺菌生のため体に悪影響を及ぼすこともあるのです。水道水は生活のあらゆる場面で使われていますが、悪影響を避けるには工夫が必要となってきます。

今回は塩素が体にどのような影響を与えるか、そして塩素を除去する対策法をまとめてみました。

体に与える影響

紅茶

塩素はがんリスクやアトピー性皮膚炎に繋がる物質としても有名ですが、それだけではありません。ここでは、髪の毛やお肌に悪影響を及ぼすことについて詳しく紹介していきます。

塩素が体に及ぼすこと~髪編~

まずは髪の毛への影響についてです。塩素は髪のタンパク質を破壊する作用もあるので、髪が傷ついていきます。

髪が強い方は実感することはあまりないかもしれませんが、人によっては水道水の塩素が原因で髪トラブルを招いている可能性があります。

例えば、ダメージを負った髪はキューティクルがなくなってしまい、そこから潤いが逃げていき、パサつきや枝毛、切れ毛に抜け毛の原因になることも。また、潤いやタンパク質とともにメラニン色素が流れ出て、髪の毛の色が変色します。

薄毛の元となる場合もあるので、十分気を付けてください。

塩素が体に及ぼすこと~お肌編~

続いてはお肌に与える影響についてです。強い殺菌成分が腹囲まれている塩素は、お水から雑菌を排除するだけでなく、お肌の表面から必要な成分を取り去ってしまいます。

髪編でも触れましたが、塩素はタンパク質を壊してしまいます。もちろん、それはお肌も例外ではありません。

お肌には、優れたダメージ修復機能が備わっているので、健康な肌の人には特に影響がないようにも見えますよね。

しかし、塩素が与えたダメージにより、肌の保湿力が下がり乾燥肌を引き起こし、アトピー性皮膚炎など元々持っているお肌トラブルがひどくなったりします。

また、プールに入った後目が赤くなるといった症状のように、粘膜に炎症を起こすこともあるのです。

塩素の除去対策

肌や頭皮などに水道水をさらすことは思いのほか多いもの。

毎日の顔の洗顔、入浴やシャワー、手を洗うなどで使うことを避けるのは難しいです。水道水は体に良くないからと言って、使うことが危険というわけではありません。

ここでは、塩素対策について挙げていきます。

汲み置き

この方法は、水をコップなどに入れ長時間放置します。太陽の光に当てると紫外線で分解が速く進むため、6時間で塩素を抜くことが可能です。

逆に、室内などで汲みおくときは、かなりの時間を必要とします。飲み水に使いたいなら、汲み置きは不向きな方法かもしれません。

ビタミンCで中和

塩素は、ビタミンCで中和ができます。塩素の中和は、スコルビン酸という粉末でするのが手ごろですが、飲用としてはイマイチかもしれません。飲み水の塩素除去なら、レモンがおすすめです。レモン汁を入れればおいしさも倍増です。

レモンを絞るのが面倒と思うのなら、市販で販売しているレモン汁でも効果はあります。また、浴槽に入れればお風呂のお湯の塩素も除去できるのでとても助かりますね。

熱で分解

水道水に含まれる塩素は、熱を加え沸騰させることで分解できます。湯沸かしポットにも、カルキ機能がついているものがありますよね。

ポット用も同じ原理で塩素除去をしているのです。もちろん、やかんで沸かしても問題ありません。

ただし、沸騰し塩素が抜けるとき発がん性物質が増えるため、沸騰を始めて10分経過したらふたを開けて沸かし続けてください。

炭で吸着

塩素以外の不純物も、この方法で水をきれいにすることができます。浄水器の活性炭フィルターなども、炭を利用していますよね、やり方はとっても簡単、洗って煮沸消毒し、乾燥させた炭を水に入れて一晩寝かすだけです。

炭の種類にもよりますが、何度か使っても、洗って天日干しすると、繰り返し利用できますよ。

お風呂のお湯に使用するなら、入浴する2時間くらい前に、1~2キロほどの炭を入れてください。

その後、必ず湧かし直しましょう。水道水に塩素が含まれているのは、雑菌の繁殖を抑えるためです。なので、塩素を除去したら早めに使い切るようにしましょう。

塩素が含まれてないお水ならなんでもあり?

購入するお水には、ミネラルウォーターや天然水など様々な種類があります。

これらのものには確かに塩素はありませんが、どれを使っても同じということではありません。

ミネラルウォーターには、幾種類ものミネラルが含まれていますし、天然水では、お水の生産地により成分が異なります。

こうしたお水の違いにも関心を持てれば、塩素の有無だけでなく、自分に合うお水を選べるようになります。

塩素が入っていないお水でお肌を守ろう

塩素は、水道水を各家庭の蛇口まで清潔な状態で安全に運ぶため必要ですが、実際に飲むとき、体や顔などの肌に触れるとき必要な成分ではありません。

危険性を回避するため塩素を除去することもできますが、毎回対策するのが大変な方も中にはいると思います。そういった場合は、飲料水をミネラルウォーターにしたり、シャワーヘッドを塩素除去効果があるものにしたりもできます。

また、安心安全なお水が利用できるウォーターサーバーを設置するのもいいでしょう。