1. “水”を飲むのはもはや常識!世界的に広まるミネラルウォーターの需要

“水”を飲むのはもはや常識!世界的に広まるミネラルウォーターの需要

[記事公開日][最終更新日]

“水”を飲むのはもはや常識!世界的に広まるミネラルウォーターの需要

「水なら水道から飲めばいいじゃない」そんな“当たり前”が常識でなくなるのは、もはや時間の問題かもしれません。

コンビニや自動販売機でミネラルウォーターのペットボトルを買うのを“もったいない”と感じてしまう感覚が、そのうち通用しなくなる時代が到来する?!

今回は、生活必需品となりつつあるミネラルウォーターについてお伝えします。

ミネラルウォーターはどれくらい飲まれているのか

world-map-146505__340

ミネラルウォーターの消費者利用調査によると、2014年における国民1人あたりのミネラルウォーターの年間消費量は「25.7L」と、過去最多の結果となりました。

2004年の時点では「12.7L」であったことから、ここ10年でかなり利用者が増えたのが分かります。

このように、2000年代のミネラルウォーター利用者が高まったのには、消費者の健康志向が高まったのが関係していると言われています。ダイエットの目的で、ペットボトル入りの硬水が若い女性の間で流行したこともありました。

<また、2011年の東日本大震災を契機に、備蓄用としてミネラルウォーターを購入する人が増えたのも、ひとつの要因です。/p>

また、近年では家庭用のウォーターサーバーを始めとして、ご家庭で気軽にミネラルウォーターを飲める環境が一般的になってきました。

このような背景から、今やミネラルウォーターを買って飲むのは常識と言えるでしょう。水道のお水を安心して飲める日本でさえも、もはや“お水は買って飲むのが当たり前”という感覚が浸透しつつあるのです。

そもそもミネラルウォーターの定義とは?

ひと口に「ミネラルウォーター」と言っても、それがどんなものを指すのかピンとこない方も多いのではないでしょうか。

それもそのはず、日本でペットボトルに入れて売られているお水の種類は、多岐にわたります。国産のものもあれば海外から輸入したものもあり、どこからどこまでがミネラルウォーターなのか、いまいちハッキリしません。

実は、日本ではペットボトルに入れて売られているお水は、すべて「ミネラルウォーター」と呼ばれているのが現状です。

しかし、実際にはすべてのペットボトルのお水にミネラルが入っているわけではありません。中には、ミネラルが入っていなくても「ミネラルウォーター」と呼ばれているものもあるのです。

したがって、健康維持のためにお水からミネラルを摂りたい方は、日本におけるミネラルウォーターの基準を知っておく必要があります。購入する前にしっかりと確認しておきましょう!

ミネラルウォーターの基準

日本におけるミネラルウォーターの基準は、1990年に農林水産省から発表された「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」で定められています。

ミネラルウォーターは、厳密には「ナチュラルウォーター」と「ミネラルウォーター」の2つに分けられます。

「ナチュラルウォーター」とは、成分を調整しないお水のことです。ミネラルの有無を問わず、ナチュラルウォーターと呼ばれます。その中でも、自然のままの状態ですでにミネラル成分が含まれるお水は、「ナチュラルミネラルウォーター」と呼ばれます。

ナチュラルウォーターがミネラル成分を調整しないのに対して、「ミネラルウォーター」は複数の原水をブレンドするなどして、ミネラル成分を調整したお水のことです。

ミネラルウォーターをまとめ買いする際や、ウォーターサーバーを導入する際には、まず売られているお水の表記を確認してから購入するようにお気をつけください!

国産と輸入ミネラルウォーターの歴史

hands-600497__340

日本で売られているミネラルウォーターには、国産のものと輸入のものがあります。そもそも、日本でミネラルウォーターが飲まれるようになったのは、堀内株式会社が1929年に高級ホテル用に販売した『富士ミネラルウォーター』が先駆けとなっています。

それから、1967年になってニッカウヰスキーやサントリーが、ウイスキーの水割り用のミネラルウォーターを商品化しました。その後、1990年代にハウス食品が発売した『六甲のおいしい水』を始めとして、家庭用のミネラルウォーターが普及し始めたのです。

その一方で、輸入のミネラルウォーターが日本に入ってくるようになったのは、1986年のことでした。

ヨーロッパの無殺菌ミネラルウォーターでも輸入できるように法律が改正されたのです。その後は、今でもよく知られる海外のブランドが続々と輸入されるようになりました。現在ではファッションや健康志向で好んで飲まれる輸入のミネラルウォーターですが、日本で飲めるようになったのは意外と時期が遅かったようです。

私たちの生活に欠かせないミネラルウォーター

ミネラルウォーターは、今や私たちの毎日の暮らしに欠かせない存在となりました。健康のため、ファッションのため、よりおいしいお水を飲むため……ボトル入りのお水を買って飲むのは、より良い暮らしを求める人にとっては常識と言えるでしょう。

毎日ご家庭でおいしいミネラルウォーターを飲みたいなら、便利なウォーターサーバーを導入してみるのもいいかもしれませんね。