1. 水”を飲むと健康になるってほんと?その驚くべき効果とは

水”を飲むと健康になるってほんと?その驚くべき効果とは

[記事公開日][最終更新日]

水”を飲むと健康になるってほんと? その驚くべき効果とは

104707223

朝起きてから飲む1杯のお水、お風呂に入る前に飲む1杯のお水。喉が渇いたときに飲む1杯、など。毎日何気なく飲んでいるお水ですが、実は健康に良い効果があるのをご存じでしょうか?

意識してお水を飲むようにすれば、健やかな生活が手に入れられるかもしれません。今回はそんな、“水”が持つ効果についてご紹介します。

水は万能の妙薬?気になる病気に水が効く

人間の体の約半分は水でできています。そんな水は、私たちにとって“万能の妙薬”であると言っても過言ではありません。

こまめに水分を摂ることで、さまざまな病気に対する効果を期待できるようになります。あなたも水を飲んで、健康効果を手に入れてみませんか?

血栓のリスクを下げる

誰もが一度は名前を聞いたことのあるような大きな病気も、水分を多めに摂取することで対策が可能です。

水をたくさん飲むと、血液の粘土が下がって血栓ができにくくなり、「脳梗塞」「心筋梗塞」などの病気のリスクを下げられます。

また、水をたくさん飲んで排尿量が2L以上になると、「通風」の発症を防げると言われています。

尿の病気を防ぐ

水をたくさん飲むと、尿の病気にも効果が期待できます。“痛い病気”というイメージが強い「尿路結石」ですが、結石が小さいうちに水分を多めに摂れば、対外へ排出できます。

女性に患者さんの多い「膀胱炎」は、排尿して尿道や膀胱の細菌を洗い流すと、予防および治療効果を期待できます。

また、膀胱がんの発病率も下がると言われています。

体質を整える

水をたくさん飲んで体の中の水循環システムを改善すると、体の活性度が上がり、病気を治すための体質を整えることができます。

こまめな水分補給は「アトピー性皮膚炎」や「糖尿病」にも効果を発揮してくれるのです。

このように、普段から水を多めに摂ることで、誰もが一度は名前を聞いたことのある大きな病気の対策もできるようになります。身近にある飲み物で健康を守れるなら、これを取り入れない手はありません。あなたも毎日の健やかな暮らしのために、積極的に水を飲みましょう!

女性なら見逃せない!便秘解消や美肌効果も

girls-1487825__340 (2)

こまめな水分補給には、女性に嬉しい効果もあります。

まず、水を飲むと大腸が刺激されるため、便秘解消の効果を期待できます。もしかしたらお腹の調子が悪いのは、日頃から水分が足りていないからかもしれませんね。

また、便秘が解消されると「くすみ」「小ジワ」「クマ」といった女性ならではのお肌の悩みも気にならなくなります。体の中からキレイになりたいなら、普段からの水分補給の習慣を見直してみるようおすすめします。

水を飲むのは、大きな病気だけでなく、女性の健康や美容にとっても見逃せない効果を持っているのです。ダイエット中の女性や、美肌を目指したい女性も、こまめな水分呼吸を欠かさないようにしましょう。

水でアンチエイジング

人間の体は、約半分が水でできています。しかし、年齢を重ねるとともに、体内の保水能力はしだいに低下してしまいます。水不足による内臓の機能低下を防ぐためにも、歳を取ったらより一層意識して水分を摂っていきたいところです。

知っておきたい!飲酒から肝臓を守る水の飲み方

連日の飲み会続きで、肝臓から疲れを感じていませんか? 実は、水の飲み方ひとつで、飲酒による肝臓への負担を少し和らげられるのです。

まず、アルコールを飲む前と飲んだ後に、それと同じ分量の水を摂取しましょう。このような飲み方をすると、肝臓が水によって保護されますので、二日酔いを防げます。

美味しいお酒は、なかなか飲むのを止められません。しかし、どのみちお酒を飲むのであれば、なるべく肝臓に負担をかけないに越したことはありません。これからは、お酒の前と後にお水を飲んで、健康に気をつけましょう。

健康のためにはどれくらい水を飲めばいいの?

shutterstock_323535026

成人の場合は、1日に最低でも1.2Lの水を飲料水で摂取しなければなりません。数字で見るとどれくらいかイメージしにくいかもしれませんが、これは150mlのコップで8杯分に相当します。

3度の食事に合わせて飲むだけでは、ほとんど足りないのがお分かりいただけるでしょうか?

いざ水分補給をしようと思っても、一度にそれほどたくさんの量を飲むのは難しいですよね。健康のための水分補給をしたいなら、150mlくらいの少量の水を、1日に数回に分けて摂取しましょう。

具体的には、朝起きた時に1杯、3度の食後に1杯ずつ、10時か3時に1杯、入浴前後に1杯ずつ、寝る前に1杯の合計8杯が目安です。これだけで1.2Lの水を無理なく飲めるようになります。

最近はウォーターサーバーが家庭にも広まり、より手軽に水を楽しめるようになりました。ぜひこの機会に、意識的にお水を飲むようにして、1日で1.2Lを達成していきましょう!