1. 最近血糖値が気になる中高年男女へ。水を飲んで血糖値を下げよう!

最近血糖値が気になる中高年男女へ。水を飲んで血糖値を下げよう!

[記事公開日][最終更新日]

最近血糖値が気になる中高年男女へ。水を飲んで血糖値を下げよう!

150711109603_TP_V1

中高年になると、健康診断などで血糖値を指摘される人も多いのではないでしょうか。

血糖値が高いと、血圧が上がったり、糖尿病の原因になったりと様々な問題が起こります。下げるには運動や食事の改善などの方法がありますが、他にも水を飲むことで改善が期待できるのです。

糖尿病の人はよく、水分をしっかり摂るように言われていたりします。血糖値の上昇を抑えられる水分の摂り方は一体どのようなものなのでしょうか?

血糖値について

血糖とは、一般的に血液中のブドウ糖のことを指します。糖をコントロールする働きがあるインスリンの不足などによって、血液中の糖が増えてしまう場合があります。

その血管の中に過剰な糖が存在する状態のことを高血糖と言います。糖はエネルギーとして使うことが出来ますが、血液中にあるだけでは活用できず、インスリンの働きがあって初めてエネルギーとして利用できます。

しかし体内で十分なインスリンが作られなかったり、インスリンが十分にあっても細胞への入り口となる玄関がうまく反応しなかったりする場合、血中の糖の量は濃くなっていきます。

ブドウ糖の主な成分は炭水化物や糖質ですが、これらを摂取し過ぎることによって血糖値は上がりやすくなります。

高血糖になりやすいのは、食べ過ぎ、肥満、運動不足、40代以上の人たち。思い当たる人は、血糖値を下げる生活を心掛けてみましょう。

血糖値が上がると起こる問題

血糖値が上がることで様々な問題が起こります。糖尿病は代表的な高血糖が引き起こす病気です。

高血糖を放置してしまうと、高確率でいずれ糖尿病になってしまい、一度なってしまうと治りません。血糖値が高いと診断された時点で早急に対処しましょう。

さらに高血糖だと、血圧にも影響が。血中に多くのインスリンがある場合、ナトリウムと腎臓の働きとなどに影響し、血管に水分が溜まりやすくなります。その結果、血圧が上がってしまうのです。

体重が増えやすくなることもあります。血中の糖とインスリンの量は、食欲に関わっています。正常な状態では血糖値が低めの時にお腹が空き、食後は血糖値が上がって満腹感を持ちます。

そしてインスリンの働きによって正常レベルの血糖値まで戻ります。しかし血糖値が高い状態が続くと、空腹・満腹のシグナルがうまく働かなくなることに。正常な人なら満腹感を感じる場合でもお腹が空き、それでさらに食べてしまうと、また糖を体内に取り込むことになります。

悪循環に陥ってどんどん血糖値が上がっていってしまいます。

水を飲むと血糖値が下がる

様々な問題を引き起こす高血糖は、すぐにでも改善したい症状です。ですが、運動量を増やしたり、食生活を変えたりするのは大変ですよね。

そんな時には、水分補給を適切に行うことで、血糖値の上昇をコントロールすることが出来ます。

水だけですぐに血糖値を下げられるわけではありませんが、運動時間を少ししかとれない、忙しい時には食事に気を遣えないという人でも、水分補給からも血糖値に働きかけることで、効果を上げられるはずです。

なぜ水を飲むことで血糖値が下がるかというと、体の中の水分量が増えて、血液などの体液が薄まるからです。

一日に必要な水分量は1.5リットルから2リットルくらい。しっかり必要な分の水を飲んで、血糖値の上昇を抑えましょう。

水分の適切な摂り方

kk187104818_tp_v

まず、適切な水分の摂り方です。血液中の糖を薄めようとして、一気に飲んではいけません。

大量の水を一度に飲んでも臓器は対応しきれず、そのまま排出してしまいます。少量の水をこまめに飲むことが大切です。

また、水分が血液に吸収されるには時間がかかるので、血糖値が上がる前に水を飲んでおくことも重要です。汗をかいた時などには水分を急激に失い、血糖値が上がりやすくなります。運動前や、暑い日の外出前など、汗をかきそうなときは前もって水分を摂取しておきましょう。

何を飲んで水分を摂ればいいか

水分を摂るときは、余計なものが入っていない水を飲むことをお勧めします。吸収が良く、老廃物によって代謝を妨げられることがないので、効率よく摂取できます。

水は飲料のなかでも最も内臓に負担をかけません。血糖値の他に気になる症状がある人でも、安心して飲むことが出来ます。また、食時の前に水を飲むと満腹感を得られるので、食事量を抑えられるメリットもあります。

ミネラルウォーターの場合はさらなる効果を期待できます。高血糖の人は糖分の代謝がうまくいっていない場合が多いです。代謝を行う際に必要なのがミネラルなのですが、ミネラルウォーターにはマグネシウムや、マンガン、セレンなどのミネラル成分が豊富に含まれています。

血中糖度を薄めるのにも、代謝をあげるのにも二重に役立つのがミネラルウォーターです。

ただ、水分の中でも、緑茶や紅茶などはおすすめできません。飲むと含まれているカフェインの利尿作用で、水分を尿として排出させてしまうからです。

お茶が飲みたい場合は、カフェインの含まれていない麦茶などを選びましょう。もちろん砂糖が含まれるジュースは血糖値をあげてしまうので、なるべく飲まないようにしてください。

血糖値を下げるために飲む人はいないと思いますが、アルコール類にも気を付けましょう。

喉の渇きは潤されますが、アルコールには体内の水分を輩出する効果があるため、飲んだ分の倍の量水分が必要になります。血糖値が気になる方は、お酒の量を減らした方がいいかもしれません。