1. 安全な水道水は世界でたった15カ国?外国・お水事情の豆知識

安全な水道水は世界でたった15カ国?外国・お水事情の豆知識

[記事公開日][最終更新日]

安全な水道水は世界でたった15カ国?外国・お水事情の豆知識

earth-1617121__340

日本の水道水はそのまま飲んでも、ただちに健康に被害がでるようなことはありません。

しかし、世界を見てみると、こんなに安全な水道水を提供している国というのはかなり少なくなり、数にしてたったの15カ国しかありません。

今回は、そんな「安全なお水が飲める国」について調べて見ました。

世界で一番安全な水道水が飲める日本

水道水を安全に飲めるのは、アジアの国々で日本とアラブ首長国連邦のみです。

アラブ首長国連邦はWHOのガイドラインに沿った体制を整えているため、水道水は安全です。ただ、国民の中には「水道水には不安がある」として、ミネラルウォーターを購入する人も多くいるようです。

特に海外から来る観光客には、天然水を買うように勧めているそうです。安全に飲めることはできますが、購入を推奨しているなら、お水を買った方が無難でしょう。

ちなみに、ご存じのとおり日本は文句なしのパーフェクト。安心に飲むことができる水道水です。

水の浄化技術や、海外でも利用されるほど優秀といえます。さらに漏水対応もバッチリです。とは言え、水道水に含まれている成分などの問題点を指摘する人も少なくありません。

また、“おいしさ”や手軽さというメリットを考え、ウォーターサーバーを導入する家庭や企業が増えているようです。

オセアニアの国には虫歯予防になる水道水も

オセアニアの中で水道水が安全に飲める国はオーストラリアとニュージーランドです。オーストラリアに住む人は、基本的にそのまま水道水を口にしています。

中には沸騰させたものをいったん冷やす人や、ミネラルウォーターを購入する人もいますが、水道水でも充分に安全が保たれているようです。

ちなみに、オーストラリアの天然水は値段が高く、ジュースよりも高い場合があります。

ニュージーランドは地域により品質が違い、フィルターを使用することを勧める自治体も存在します。

一方、安全に飲めるお水が多く、おいしい水道水が飲める地域もあるようです。ちなみに多くの地域では、虫歯予防にもなるフッ素が入っています。

水道水を飲んでいるだけでお口が健康になるなんて、素晴らしいですね。

意外!水道水が飲めるアフリカ

アフリカと聞くと、発展途上国がたくさんある印象なので、水道水が飲めないと思ってしまうでしょう。

しかしアフリカでは、南アフリカとレソト、モザンビークの国々の水道水は、そのイメージとは異なりかなり安全なのだとか。意外なことに、アジアやオセアニアより飲める国が多いです。

南アフリカの場合、治安面に問題は多くありますが、水道水に関してはきちんとしています。

レソトやモザンビーク、そして南アフリカのお隣のレソトに至っては、南アフリカ国内にあるため安心して水道水が飲めています。

ザンビークは、国土交通省からはそのまま飲んでも問題ないといわれています。

しかし外務省は、飲むときは煮沸消毒するようにと言っています。両者の呼びかけが真逆なため、不安を感じる方は煮沸消毒か天然水を購入するようにしましょう。

衛生管理が厳しいヨーロッパ

お水の安全性に関して、もっとも安定しているのが、ヨーロッパです。

フィンランドやスウェーデン、ドイツにアイルランド、オーストリア、クロアチア、スロベニア、スイスの水道水は安全に飲むことができます。その国の数は断トツの多さ、9か国です。

ただし不明な国もあるので、もっとたくさんあるかもしれません。

特にアイスランドの水道水は、アイスランドのどの料理よりもおいしいと、答える人もいるくらいだそうです。そしてオーストリアはアルプスの湧き水、アルプスは水がおいしいことで有名ですし、ヨーロッパは衛生管理がきちんとしているため、飲んでも問題はありません。

しかしヨーロッパの水はほとんどが硬水です。日本人にとって硬水は飲みにくく感じたり、胃が弱い人はお腹を下したりしてしまいます。

身体に合わない方は控えて、ミネラルウォーターを買った方がいいでしょう。

お水は健康を守るために重要

shutterstock_428478514

水道水を安全に飲める国は、実は他にも何か国かあります。カナダやアメリカ、イギリス、スペイン、デンマーク、フランス、オランダ、ベルギー、シンガポールなどが、水道水をそのまま飲める国です。

ただし、本当に安全かそうでないかには、諸説あります。

面積が広い国は地域により、インフラ整備が大変なためムラがあるそうです。中には都市部のデータしか判明しない国もあります。そのため飲むのが心配な人は、安全な国の水を飲むようにしましょう。

そうでないときは、お店で購入できる天然水を買うようにしてください。煮沸消毒をできる環境なら、その方法を実践するのもありです。

では、なぜ水道水が多くの国で飲めないのでしょうか?

その理由としては、安全な水をペットボトルなどで販売するほうが、コストを抑えられるからです。

なぜなら水道水を安全に飲めるように、インフラ整備をするとお金はたくさんかかります。これらのことから水道はあっても、浄水レベルは低いので飲めない国が多いのです。

日本人は安全なお水を飲んでいるため、他の国の人より体調を崩しやすいため、外国で飲むときは気を付けるようにしましょう。

人間の身体はほとんど水でできているため、水は身体づくりにおいて大切です。

自分の健康を守るためにも、安心安全なお水が飲めるウォーターサーバーを利用して、おいしい天然水を補給したいですね。