1. 同じじゃない!?ミネラルウォーターの種類とは?

同じじゃない!?ミネラルウォーターの種類とは?

[記事公開日][最終更新日]

同じじゃない!?ミネラルウォーターの種類とは?

動物と水

ネラルウォーターとひと口に言っても、様々な種類があります。

各種メーカーのブランドからは個性豊かなミネラルウォーターが発売されていますが、それぞれは見た目と名前だけでなく、厳密に違いがあるのです。どれも同じお水のように見えますが、違いを知っておくと、ウォーターサーバー導入時の参考になるでしょう。

今回は、ミネラルウォーターの種類についてご紹介します。

ナチュラルウォーターとは

ボトル

「ナチュラルウォーター」とは、ミネラルウォーターの中でも、物理的・科学的な処理を特に行っていないものを指します。

ろ過・沈殿・加熱殺菌といった安全に飲むための基本的な処理は行われているものの、その他には手を加えていないのが特徴です。原水は、特定水源から採取された地下水に限ります。より自然に近いお水と言えるでしょう。

ナチュラルウォーターの中でも、お水の中に自然とミネラルが溶け出しているものを「ナチュラルミネラルウォーター」と呼びます。

ナチュラルミネラルウォーターは、ナチュラルウォーターと同様に物理的・科学的な処理を特に行っていません。ただし、特定水源から採取された際に、地層中から溶け出したミネラルが含まれているのが特徴です。

ミネラルウォーターとは

「ミネラルウォーター」とは、ろ過・沈殿・加熱処理といった基本的な処理の他に、いくつかの原水を混ぜたり、ミネラル分を調整したり、「曝気(ばっき)」という水に酸素を供給する浄水処理を行ったりしたお水のことです。

ミネラルウォーターの原水は、特定水源から採水されたもののうち、ミネラルが溶け込んだお水となっています。

つまり、ナチュラルミネラルウォーターの原水と同じです。

ちなみに、日本における「ミネラルウォーター」という名前には、ペットボトルなどの容器に入った飲料水の総称としての意味もあります。

ミネラルが入っていないものもミネラルウォーターと呼ばれることがありますが、厳密には上記のような条件のお水のことです。

ボトルドウォーターとは

「ボトルドウォーター」と呼ばれるお水には、2種類があります。まず、原水がナチュラルミネラルウォーターと同じく、特定水源から採水された地下水であるとき。

この場合では、ろ過・沈殿・加熱殺菌といった基本的な処理の他に、本来の原水の成分を大きく変化させる処理を行ったお水をボトルドウォーターと呼びます。

もうひとつは、原水が地下水以外の、純粋・蒸留水・水道水などであるとき。この場合では、基本的な処理の他にも、食品衛生法に基づいた殺菌の処理を行ったものをボトルドウォーターと呼びます。

水深200m以深の深い海から汲んだ「海洋深層水」も、ボトルドウォーターに分類されます。

ミネラルウォーターの基準はいつできた?

上記のようなミネラルウォーターの基準は、1990年に農林水産省の「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」によって定められました。

ミネラルウォーターと聞いて私たちが想像するのは、自然の中で採れた天然水のようなイメージではないでしょうか。

しかし、日本では容器入りの飲料水はすべて「ミネラルウォーター」と呼ばれていますから、この総称だけでは品質についてなにも分かりません。

これらの基準のうちでもっとも天然水に近いのは、自然のミネラルが溶け出した「ナチュラルミネラルウォーター」だと言えるでしょう。もしも厳密な意味で自然に近いお水を購入したいとお考えなら、お水の品質表記をきちんと確認してみてください。

お水の味の好みは人それぞれ

それでは、天然水に近い「ナチュラルミネラルウォーター」がもっとも美味しいお水かと言えば、そういうわけではありません。

お水の好みは、人それぞれです。一般的には、水温が10~15度で、ミネラルや二酸化炭素が適度に含まれているお水をおいしく感じられると言われていますが、それ以上は個人の好みの問題となってきます。

日本の軟水を好む人もいれば、ヨーロッパの硬水を好む人もいます。以上の分類を知った上で、あなたにとってもっとも美味しく感じられるお水を探してみましょう!

ウォーターサーバーのお水の種類

ご家庭やオフィスで気軽においしいお水を飲めるウォーターサーバーが、昨今人気を集めています。

ところで、ウォーターサーバーのお水にはどんな種類があるのでしょうか?まず、ひとつは「天然水」と呼ばれているお水です。

こちらは、地下水や湧き水が原水となっており、ろ過・沈殿・加熱殺菌といった処理が行われています。先ほどの基準で言えば「ナチュラルウォーター」「ナチュラルミネラルウォーター」に相当します。

もうひとつは、「RO水」と呼ばれているお水です。こちらは、RO膜という特殊なフィルターで不純物を取り除き、人工的にミネラルを加えています。

どんなお水でも人工的にきれいにできるので、原水は水道水を始めとして特に指定されていません。

天然水とRO水はどちらも安全に飲めるお水です。あとはどちらを美味しく飲めるかという好みの問題と、コストの問題になってきます。ウォーターサーバーの導入を検討しているなら、一度試飲やコストの計算をしてみてから、お水選びをしてみましょう。