1. 冷え性やダイエットに!白湯の効能とは

冷え性やダイエットに!白湯の効能とは

[記事公開日][最終更新日]

冷え性やダイエットに!白湯の効能とは

皆さんは白湯と言うものをご存知ですか?白湯は水を沸騰させただけの何も入れていないお湯のことを言います。

薬を飲む際や子ども、体が弱っている人に飲ませるのが一般的で、地域によっては水道がないような場所で一度沸騰させて殺菌をするためにも行われています。

これを冷やすことでカルキなどの不純物のない飲みやすい水になります。しかし白湯にはもっと二兎の体にいい効果があるのです。

白湯の基本的な効能

白湯は胃腸などの内臓機能を温め、血液の循環を良くすることができます。

内臓は温められると動きが活発になりますので消化作用が促進され、体内の老廃物を外に出す力が強まり、他の臓器の動きもよくなることで体内の浄化に役立ちます。

また、血液の流れがよくなるためリンパ腺の動きにも効果があります。尿などの排泄機能も上がり、便秘やむくみなどに効果があるのです。

ダイエットに冷え性対策など女性の悩みを解決

内臓機能が活発になる、と言うことはダイエットなどにも効果があります。内臓の温度が1℃上がるだけでも基礎代謝が12%よくなり、基礎代謝が良くなると脂肪燃焼効果も高くなります。

この結果、ダイエットに良い痩せやすい体が出来上がるのです。痩せやすくなるということはダイエットにありがちなリバウンドに対しても効果的です。基礎体温も上がりますので、冷え性に悩んでいる人にも効果があります。

この他にも体内の老廃物の浄化作用、つまりデトックス効果にも期待ができます。

体内の水分をきれいにすることができれば、お肌をきれいに保つことができますし、ニキビなどの吹き出物ができにくくなり、乾燥肌やしわ、シミなどが改善されるといった効果もあります。

ストレスで胃腸が弱った時にも

学校で嫌なことがあったり、会社で上司に怒られたりして胃が痛いという経験している人はたくさんいるかと思います。

そんな人にも白湯は効果的です。先に述べたように胃腸をきれいにし、温めて調子を整えてくれるので胃の痛みを抑えてくれます。

人によっては暖かくなってほっとする、ストレスが和らいだという人もいます。胃が痛い時には白湯を飲んでゆっくりしてみましょう。

以上が白湯を飲むことで期待できる効能です。

古代インドの教えでも重要な飲み物

水

実はインドのアーユルヴェーダでは体のバランスを整える優れた飲み物であるとして紹介されています。

アーユルヴェーダは古代インドで生まれた伝統医学で、仏教が成立する以前からあり、お釈迦様もその教えを仏教に生かしていると言われています。

ちなみに、お釈迦様の主治医はアーユルヴェーダの名医でした。その教えは心や体だけでなく、魂や環境などのすべてが調和していることを重要視し、自然治癒力を高めて病気になりにくい体と心を作る、という予防医学に近い考えをしています。

そんなアーユルヴェーダでも白湯は重要な飲み物で最初に入れた水の1/4まで煮詰めた白湯は万能薬であると伝わっているそうです。

作り方は2種類

作り方は簡単で、単にお湯を沸かせばいいのです。常にお湯が出るウォーターサーバーがあるのならばすぐにでもできますし、ガス代も浮くのでお勧めです。

アーユルヴェーダ式で作るのでしたら少し手間が掛かります。まずはやかんに火をかけます。

アーユルヴェーダでは火のエネルギーは人間に欠かせないものと考えられているのです。沸騰したら火を止めずに10分待ちます。しばらく待つのは風のエネルギーを取り込むという意味があり、お湯が胃腸の汚れを洗い流すと考えられています。

沸騰している間はやかんの蓋は開けておきましょう。こうすることで水道水のカルキなどの余分な成分を消すことができます。

時間になったらカップにお湯を注いで50℃前後になるまで待ちます。この時、水で薄めるのはNGです。エネルギーのバランスが崩れてしまいます。人肌よりも少し暖かい、50℃になれば完成です。

飲むのにベストな時間と注意点

コップと水

白湯は朝起きて一番に飲むとよいと言われています。

朝は胃腸が冷えているので白湯を飲んで温めてあげると消化の助けとなります。一口ずつ10分ほどかけて飲むと良いでしょう。朝食はそれから30分立った時がベストです。

また三度の食事中にも各一杯ずつを少しずつ飲むと良いです。

注意したいのは飲みすぎないことです。白湯は体への吸収がいいため、飲みすぎると体がむくんでしまいます。体に必要な栄養素も流してしまう恐れもあるとか。そのため飲む分量は一日800ml、一杯200mlを3~4回が目安です。

一気に飲むのもいけません。胃液が薄まって消化の妨げになる恐れがあります。冷ましすぎても体内の毒素を洗い流す効果が減ってしまうためお勧めできません。

人肌より少し熱めと覚えておいてください。もし飲みにくいと感じたら、はちみつや黒砂糖などを混ぜると飲みやすいです。

ショウガをスライスして入れると冷え性に対してさらに効果が出ますよ。

以上が白湯の作り方と飲み方になります。ミネラルウォーターですとカルキなどの余分な成分がないのでガスを使わずに電子レンジの500W、1分でも作れます。

ウォーターサーバーをお持ちでしたらより簡単に作れますよ。冷え性やダイエットなどが気になるのでしたらぜひ白湯をお試しください。