1. ミネラルウォーターでアレルギー改善!

ミネラルウォーターでアレルギー改善!

[記事公開日][最終更新日]

ミネラルウォーターでアレルギー改善!

baby-1178539__340

健康にいいと言われるミネラルウォーターですが、アレルギーの改善にも役立つようです。

さまざまなミネラル成分が含まれるミネラルウォーターを飲めば、免疫力が上がり、体質改善につながります。

健康のため、飲料水をミネラルウォーターに変えてみませんか?

健康のため、飲料水をミネラルウォーターに変えてみませんか?

水道水には多量の塩素が含まれています。健康に害がないように抑えられてはいますが、肌が弱い人には塩素が肌荒れを引き起こす原因になることもあります。

アトピー性皮膚炎や喘息の子供が急増したのが1960年代ですが、これは水道水の塩素濃度が増えた時期と重なります。

1960年代より前にアトピーを患っている人はごく僅かでした。戦前、日本の水道水にはほとんど塩素が含まれていませんでしたが、戦後はGHQの指導のもと、塩素の投入が始められ、現在では水道水の塩素濃度は世界一になっています。

浄水場に近いほど塩素濃度は濃くなり、場所によってはプール以上に濃いところもあります。

塩素で消毒してあるおかげで衛生的な水を飲むことができるのは確かですが、戦時中に毒ガスとして兵器にも使われた塩素は、人体にたくさん入れば悪影響を及ぼしかねません。

実際、タンパク質やビタミンを破壊する働きがある塩素は、シャワーを浴びるとき、ほとんど水分とタンパク質でできている人間の皮膚にダメージを与えてしまいます。

現在アレルギーの症状に悩まされている人は、実は水道水が原因になっているのかもしれません。

シャワーの水を変えることは難しいですが、飲み水だけでもミネラルウォーターに変えてみることをお勧めします。

どうしてアレルギーにいいの?

喘息やアトピーなどのアレルギー症状には根本的な治療法がないことが多く、出てくる症状に対して対症療法を行うしかありません。

アレルギーの原因のほとんどは自己免疫の不調からくるものであるとされ、体質改善をすることが重要になってきます。

健康な体質へ変わるのに有効なのがミネラルウォーターなんです。

ミネラルウォーターを飲料水として摂取する習慣がつけば、ミネラル分が代謝をアップさせ、免疫力を向上させることができると言われています。

免疫力が上がれば外部からの刺激に対して過剰な反応を抑えられたり、炎症の起こりにくい体になることが期待できます。

科学的にはっきり証明されているわけではありませんが、ミネラルウォーターに変えたら体質が改善されたという実例もあり、試してみる価値はありそうです。

アルカリ性の中硬水が免疫力に効く

体に良いとされるミネラルウォーターの中でも、アレルギー改善トラストシティにお勧めなのが、アルカリ性でミネラルを適度に含む中硬水です。

軟水と硬水というのはミネラルの含有量で決まっていて、少なければ軟水、豊富なら硬水になります。

軟水では免疫力増強を期待できるほどミネラルが含まれていませんが、超硬水を選ぶと利尿作用が働き過ぎてしまう上、少々飲みにくくなってしまいます。中硬水を選ぶのがちょうどいいでしょう。

なぜアルカリ性がいいのかと言うと、アトピー体質の人は体内が酸性でサビ付いた状態になっているので、体内をアルカリ性にすると健康な体質に近づくからです。

喘息の人にとっても、酸性食品よりアルカリ性食品の方が体に良いとされています。

量は、一日1~1.5リットル程飲みましょう。ただし、子供の場合は500ml~1リットルに抑えてください。ミネラル含有量の多い水は消化吸収に負担がかかるため、消化器官が未熟なうちはあまりたくさん飲ませないように注意しましょう。

一気に飲もうとせず、喉が渇く前にこまめに飲むと、内臓に負担をかけずに水分補給することができます。一回にコップ半杯~一杯ほど、250mlを上限に飲みましょう。

体内をアルカリ性にしてアトピーを治す

アトピーの場合、体に老廃物や有害物質が過剰に蓄積しています。それらをデトックスする過程で大量にミネラルを消費するので、ミネラル成分をたくさん摂る必要があります。

日本人はミネラルが不足してしまいがちですが、ミネラルウォーターを飲めば補給することができます。

前述の通り、アルカリ性の水を飲んで体の中をアルカリ性にすることも有効です。体に合ったミネラルウォーターが見つかれば、数日程で改善の兆しがみられることもあるので、色々飲み比べてみてください。

免疫力を上げて喘息を治す

喘息は自己免疫不全の一環の症状です。体内の免疫機能を担うIgE(免疫グロブリンE) が正常に機能しないことが原因だと、一般的に考えられています。

なので、ミネラル成分によって免疫力を上げることにより、体質を改善できる可能性があります。

また、喘息の発作中は器官が荒れやすくなるため、水を少しずつ飲むと喉が湿って、症状を軽減することができます。

喘息の人は水を常に携帯して、適度に補給すると安心できるはずです。

薬を飲むときにはやめましょう

medications-257349__340 (1)

ただ、ミネラルウォーターを飲む際に少し注意点もあります。アレルギー治療のために薬を内服している人もいると思いますが、ミネラルウォーターは薬とあまり相性が良くありません。

含まれるミネラル分が、薬の効き目を弱めてしまう可能性があるからです。

ですが、普通に飲み水として飲む分には影響を与えないので、薬を服用するときだけ気を付けてください。薬を飲むとき以外にはたくさんミネラルウォーターを飲んで、体質を改善させましょう。