1. ペットに安全なお水を飲ませたいならおすすめはこれ!

ペットに安全なお水を飲ませたいならおすすめはこれ!

[記事公開日][最終更新日]

ペットに安全なお水を飲ませたいならおすすめはこれ!

dog-1310545__340

水道水は塩素消毒や防腐剤が入っているから、自分はもちろんペットの健康にも良くないのでは……。

こんな不安から、ペットの飲み水用にミネラルウォーターを購入する人も増えています。ペット業界でもペット用のミネラルウォーターを販売するなどしていますが、通常のものとペット用のミネラルウォーターの違いはあるのでしょうか?

また、通常売られているミネラルウォーターをペットに飲ませても大丈夫なのでしょうか。

ペットにミネラルウォーターを飲ませてはダメ……って本当?

ペットショップや獣医さん、あるいは飼い主さん向けの情報サイトなどで、「ペットにミネラルウォーターを飲ませてはダメ!」と説明している場合があります。

これはミネラルウォーターに含まれているカルシウム、マグネシウムなどが、犬や猫、小動物にとっては過剰摂取となってしまい、尿管結石や腎臓への負担となることがあるためです。

しかし、この説には異論もあり、そもそも科学的に立証された説でもないようです。

一般的にヨーロッパの水は、ミネラルウォーターも水道水も、日本の水よりも豊富なミネラル成分を含んでいる硬水です。

であればヨーロッパで暮らす犬や猫は腎臓病や尿管結石になりやすいのかといえば、そんなこともないようです。

つまりは飲み水として使用する程度であれば問題はないか、リスクがあったとしても統計に現れるほどの危険性はない、といったあたりが正解なようです。

ペット専用のミネラルウォーターも登場!

とはいえ、少しでもリスクがあるなら避けたいというのももっともです。

防腐剤などで処理された水道水だって、日常飲んでも危険性はないのですが、やはり安全で栄養のある綺麗な水を飲みたい、飲ませたいというのも納得できます。

では、どんな水であれば、ペットに安心して飲ませられるのでしょうか。

まずチェックしたいのは、硬水か軟水かです。

ミネラルウォーターには豊富なミネラル成分が含まれていますが、この内カルシウムとマグネシウムの含有量を数値化したのが水の硬度です。

一般的には100mg以下なら軟水、100mg以上なら硬水となり、日本国内が採取地となるミネラルウォーターはほぼ軟水となっています。外国産でも、ヨーロッパのものはほぼ硬水で、また種類によっては硬度1000mgを超える超硬水も存在します。

こうした硬水をペットに与えると、最初に説明したような腎臓への負担となることもあるので、できるだけ硬度の低い軟水を与えるようにしましょう。

ペット用に作られたミネラルウォーターも存在します。

「アクティア」は養老の瀧で知られる岐阜県養老町、養老山系で採取されたナチュラルミネラルウォーターで、硬度19mgという超軟水なのでペットの健康にも心配ありません。

また犬猫用と、とくに猫の健康に配慮したpHケアウォーターの2種類が販売されています。

pHケアウォーターは、マグネシウム、カリウムの含有量が0で、また猫が飲みやすいようにまたたびが配合されています。

ペット用循環式ウォーターサーバーでいつでも新鮮なお水を用意

chihuahua-1351008__340

ミネラルウォーターでも軟水であれば基本的にはペットに与えても問題はありませんが、家庭用ウォーターサーバーを導入している場合や、飼い主も飲むミネラルウォーターを使用する場合は、温度にも注意です。

ペットは冷たく冷えた水があまり好きではありません。室温程度にぬるくなった水の方が喜んで飲んでくれるので、ペットに与える用の水はペットボトルなどに汲んでおき、常温に戻してから与えましょう。

水を置く場所にも注意が必要です。日当たりが良い場所に置いておくと、水が傷んでしまうこともあります。

これが水道水であれば、防腐処理がされているため数日は持つのですが、ミネラルウォーターであれば最低限の殺菌処理のみで防腐処理などはされていませんから、水道水よりも早く傷んでしまいます。

日の当たらない場所に置き、なるべくこまめに取り替えるなどの工夫が必要になります。水が痛まないようにするためには、循環式のペット用ウォーターサーバーが使用するのもおすすめです。

飲み皿部分に水が流れ込み、溢れた水をタンクに戻してまた飲み皿へと循環させるこのペット用サーバーは、絶えず水が流れ続けるために傷みにくくなるという効果があります。

また流れ続ける水が面白いのか、興味を惹かれてペット(とくに猫)が水を飲みやすくなるというケースも多いようです。

家を留守にすることが多い飼い主さんならば、水を新鮮に保てるサーバー導入を検討してみてはいかがでしょうか。

猫特有のケースですが、人目に付く場所では水を飲まないこともあります。

犬の場合はあまり気にしないようですが、猫は個体の性格によってはかなり神経質な場合もあり、なかなか水を飲んでくれないということもあります。

解決策としては、先述のペット用サーバーで興味を惹いたり、人目につきにくい場所複数に分けて飲み皿を置いたりしてみましょう。ふと姿が見えなくなり、気付けば水を飲む音が聞こえてくる……かもしれません。

犬であれ他のペットであれ、室内で放し飼いにしている場合は、複数箇所に水があった方が給水する機会が増えるので、たっぷり水を飲んでくれるようになるでしょう。