1. ウォーターサーバーを快適に使うためのメンテナンス方法

ウォーターサーバーを快適に使うためのメンテナンス方法

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーを快適に使うためのメンテナンス方法

おいしいお水をいつでも飲めるウォーターサーバーですが、毎日使っていれば汚れがついてしまいます。もちろんメーカーでも定期的なメンテナンスは行ってくれますが、ご自宅でのお手入れも衛生面には大切なこと。今回は、お水を快適に飲み続けるための簡単メンテナンス方法を紹介します。

本体は使っているうちに汚れてくる

虫眼鏡

ウォーターサーバーにはきれいなお水が供給されるため、汚れていないような気がしますが、そこは注意が必要。料理の最中に使ったり、遊んだ後の子どもが飲んだりと触れている本体は、やはり汚れてしまいます。メンテナンスせずに放置すれば、細菌に汚染されてしまう可能性も。せっかく安全なお水を手に入れているのですから、衛生的に飲みたいですね。

使用頻度の高い部位はこまめに掃除

サーバー

メンテナンスが必要と言っても、本体すべてを常に掃除する必要はありません。日常的に行いたいのは、やはり触れる機会の多い蛇口やコックなどの部位。水受皿もはねかえりなどで汚れやすい部分です。

用意するのは、清潔な布巾やキッチンペーパーなど。少し濡らして汚れを拭き取ります。その後、アルコール系衛生剤で軽く消毒するとベスト。水受皿は取り外せるものが多いので、食器用中性洗剤でスポンジなどを使って洗うとよいでしょう。これらの部位が汚れていると、出てくるお水だけでなく使っている食器なども汚染されることがあるので、こまめにきれいにしたいものです。

ボトル交換ついでにお掃除

ボトルごとお水を交換する方式のウォーターサーバーなら、水の交換時がボトルの差込み口とその付近のメンテナンスのタイミング。清潔な布巾やキッチンペーパーで乾拭きして、アルコール系衛生剤で軽く消毒しましょう。

本体の外側は乾拭きで

設置しているだけでホコリが付いたり、汚れた手で触られたりしがちな本体も、定期的にメンテナンスしましょう。機械なので、お手入れは清潔なタオルや布巾などで乾拭きします。汚れがひどい場合は、中性洗剤を使って湿ったスポンジや布で洗い、乾いた清潔なタオルなどで拭き取りましょう。このとき研磨剤は使わないでくださいね。

背面部分と電気プラグには掃除機を

ウォーターサーバーを壁面に設置している場合、背面部分にホコリが溜まりやすいと思います。この部分はまず掃除機でホコリを吸い取り、背面は湿った布で、電気プラグは乾いた布で拭いてください。コンセント周りは、ホコリがたまると感電などの恐れがあるため、気が付いたときにホコリを取るとよいでしょう。

まとめ

メンテナンスといっても、ご家庭では基本的にはこまめに拭くだけ。おいしいお水を安全に飲み続けるためには習慣にしたいものです。ただし、ウォーターサーバーが濡れていたり、濡れた手でお手入れしたりすると、感電する危険性が。お手入れの際は必ずコンセントを抜いてくださいね。