1. ウォーターサーバーを利用するメリットについて

ウォーターサーバーを利用するメリットについて

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーを利用するメリットについて

なぜウォーターサーバーが必要?メリットデメリット

ウォーターサーバーを利用する最も大きなメリットは、安全で美味しい水が利用できるという点です。

ウォーターサーバーのお水は徹底的な衛生管理の元生成され、不純物が取り除かれていますので、安心して飲むことができます。

天然水の場合には、天然のミネラルが含まれ、RO水もミネラルを添加していますので、体に不足しがちなミネラル成分を手軽に摂取することができます。

また、宅配してもらえるので、スーパーで重たいペットボトルを買って運ぶ必要がなく、楽に利用することができます。また、お湯がいつでもすぐに使えるというのもメリットの一つです。

ご家庭に小さな赤ちゃんがいる場合、夜泣きのミルク作りなどお湯がすぐに使えるので非常に便利です。

お湯と一緒に冷水も使えますので、ミルクの温度調整も楽にできます。来客の際にも待たせることなく、すぐにお茶の用意ができるというのも魅力的です。

ウォーターサーバーを利用すると、定期的に水のボトルが届けられますので、その個数を上手にコントロールすることで、備蓄水にもなります。昨今の震災により防災意識が高まり、防災グッズを揃えられているご家族も多いと思います。

水をペットボトルで備蓄する場合、賞味期限が迫ると飲みきってしまわなければならず非効率的です。それに比べウォーターサーバーの水は、古いものから順番に使用することで常に新しいものを備蓄できます。

普段は電源を入れて利用するサーバーですが、非常時には電源を入れなくても水が使える構造になっている機種がありますので、非常時でも安心して使用できます。ウォーターサーバーを上手に利用し、快適な生活を送ることができます。

ウォーターサーバーを利用するデメリットについて

ウォーターサーバーを利用する際に知っておきたいのがデメリットの内容です。

まず生活スペースという点から見ると、ウォーターサーバーの設置場所が必要となり部屋のスペースをとります。ウォーターサーバーの大きさは横幅や奥行きが大体30〜40センチで、高さは約1メートルほどになります。また、利用しやすい場所に設置するために、若干ですが家の中のレイアウトを変える必要があるかもしれません。

他にはお水のボトルを置いておく場所が必要になり、リターナブルボトルだった場合には、その空ボトルを次の回収日まで保管しておく必要があるため、ボトルの保管用スペースが必要になります。

またコストがかかるという点がデメリットとしてあげられます。具体的には定期的なお水の購入費や、ウォーターサーバーの電気代などに加え、サーバーのレンタル費用や、定期的なメンテナンス費用がかかる場合もありますので、契約をする前に必ず確認をすることが大切です。

また、小まめに掃除をする必要がありますので、ウォーターサーバーの冷水や温水の注ぎ口周辺や、お水のボトルを差し込む部分を、1週間に1度はアルコール消毒をして拭くなどのお手入が必要です。

年単位でメンテナンスをしてくれるメーカーもありますが、ご自身でこまめにメンテナンスをすることが、清潔な状態を保つために大切です。

このように、手軽に使えるウォーターサーバーですが、デメリットも踏まえた上で、契約の検討をすることをおすすめします。