1. ウォーターサーバーは高い?それとも安い?お店よりお得な理由

ウォーターサーバーは高い?それとも安い?お店よりお得な理由

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーは高い?それとも安い?お店よりお得な理由

ミネラルウォーターを市販のペットボトルで購入されている方には、ウォーターサーバーは高いから設置しにくいと考えている方も多いのではないでしょうか。ウォーターサーバーはペットボトルの水に比べて本当に高いのか。今回はペットボトルの購入と比較したウォーターサーバーのコストパフォーマンスについて紹介します。

お水の値段

ペットボトル

まず、水の値段を比較してみましょう。宅配水市場売上高シェアNo.1「クリクラ」を例に検証してみます。クリクラの宅配ボトル1本は12リットル。価格は1,250円です。つまり、500mlペットボトルに換算すると値段は約52円。150円の500mlペットボトル24本では3,600円になりますから、なんと価格は約3分の1です。

しかも、お店や日によって価格に変動があるペットボトルに比べて宅配水は一定料金で済みます。日々チラシとにらめっこする必要がありません。

本体のコスト

サーバー

ウォーターサーバー本体の維持費も見てみましょう。クリクラの場合、サーバーレンタル料は無料です。入会金も解約金も一切ないので、実際にかかる費用はお水の料金だけ。ウォーターサーバー各社では無料でレンタルしているところも多いので、そのようなメーカーを選択することもポイントとなります。

手間の削減

ウォーターサーバーの水は配送してくれることも大きな魅力。レンタル料と同様に宅配料無料な会社を選ぶことが大切です。家庭の玄関まで運んでくれるので、何リットルもの水をお店で購入して家に運ぶ重労働からも解放されます。現在では異なる容量の水ボトルを揃えている会社も多いので、家庭の水の使用量に合わせて一度に購入する水の量も加減できます。

買いだめをせずともいつでも新鮮な水を飲むことができるのは嬉しいですね。

まとめ

ウォーターサーバーのレンタル料や宅配料など、設置に費用がかからないメーカーを選べば、お店で購入することに比べて水をお得に使うことができます。重たい水を運ぶ労力を抑えられるうえに、冷水も温水もいつでも利用可能に。冷たい水が飲みたい夏の暑い時期にも、温かい飲み物がほしい寒い冬にもすぐに対応できます。

冷蔵庫でペットボトルを冷やすスペースを取られたり、わざわざガスでお湯を沸かす必要がなくなることもウォーターサーバーを設置する利点でしょう。急な来客時にも便利で、日常的に使用するお水にとって、ウォーターサーバーはコストパフォーマンスが高いといえるのではないでしょうか。