1. ウォーターサーバーで使えるRO水って、いったいどんな水?

ウォーターサーバーで使えるRO水って、いったいどんな水?

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーで使えるRO水って、いったいどんな水?

ウォーターサーバーの水は、天然水(ミネラルウォーター)とRO水(ピュアウォーター)のどちらかを選ぶことになります。ウォーターサーバーの導入を検討する際に、天然水はイメージしやすいものの、「RO水ってなんだろう?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、ウォーターサーバーで使えるRO水とは、どんな水なのかをご紹介します。

RO水はこうして作られる

機械

ROとは「Reverse Osmosis」の略で、日本語では「逆浸透膜」といいます。逆浸透膜とは、0.0001ミクロンの超微細孔のフィルター(ろ過膜)のこと。このフィルターは、塩素やカルキ、花粉はもちろん、ウィルスのコレラ菌、大腸菌、環境物質や農薬類のダイオキシン、ヒ素、重金属のハロゲン化合物、水銀、鉛、ミネラル分のカルシウム、マグネシウムまでろ過することができます。

この逆浸透膜によってろ過され、不純物を取り除いた純水(ピュアウォーター)をRO水といいます。純水をそのまま飲むと、味気なく感じてしまう傾向にあるため、バランスよくミネラル分を加味したデザインウォーターとして販売されるケースが多いようです。

RO水は、高性能なフィルターによって純水を作り出すことができるため、採水地が決まっていません。どんな原水でも同じ品質の水にできるので、安価な料金設定となっているのが特徴です。

RO水と天然水の違い

コップの中のお水

天然水とは特定の水源から採った、ミネラル豊富な地下水のことをいいます。採水後は安全に飲めるようにろ過され、加熱殺菌処理をして不純物のない水に加工されて出回ります。採水地が限定される付加価値がつくため、RO水よりも価格設定は高くなっています。水の安全性や衛生については、RO水と天然水のどちらを選んでも問題ありません。

安価で限りなく不純物を取り除いた水を望む方は RO水を、高くても天然のミネラル分を含んだおいしい水を望む方は天然水を選ぶといいでしょう。

まとめ

RO水とは、0.0001ミクロンの超微細孔フィルターによってろ過された純水のことを指します。塩素やカルキ、花粉、ウィルス、環境物質、農薬類、重金属、ミネラルまで、徹底して不純物が取り除かれ、そのまま飲むと味気ないためミネラル分を追加したデザインウォーターとして販売されることが多いようです。RO水は採水地を選ばず、ろ過によって同じ品質の水を作り出せるため、安価な価格設定になっています。

一方、採水地が限定され、ミネラル分を含んだおいしい天然水は料金が高くなるため、その違いはテイストと価格帯ということになります。