1. ウォーターサーバーが激安で利用できる理由 お得な導入方法とは

ウォーターサーバーが激安で利用できる理由 お得な導入方法とは

[記事公開日][最終更新日]

ウォーターサーバーが激安で利用できる理由 お得な導入方法とは

毎日飲む水だから、水道水ではちょっと不満。でも、費用はできるだけ安く抑えたいという方のために、ウォーターサーバーをお得に導入できる方法を紹介しましょう。ウォーターサーバーは、水の価格だけでなく、ウォーターサーバーの購入もしくはレンタル料、メンテナンス料、電気料金、配送料などもかかってきますので、トータルコストで考えてみます。

ウォーターサーバーの価格を抑えるコツ

配達業者

ウォーターサーバーの会社によっては、配達するエリアで配送料が変わってくる場合があります。特に北海道や沖縄には配送料が高かったり、配送できなかったりするので、お住まいの地域で配達可能か、配送料がどのくらいかかるかチェックしましょう。

また、ウォーターサーバーは、初期費用が無料レンタル料も無料な会社が数多くありますが、購入ノルマがある場合があるので、要注意です。電気料金を抑えるなら、節電型の省電力モードが利用できるウォーターサーバーがおすすめです。

激安の理由は企業努力にあり

ウォーターサーバー

12リットルのボトルが1本948円(税別)と業界内でも激安で提供しているアルピナウォーターは、その安さを実現するために、数々の工夫をしています。日本最大級を誇るアルピナの工場は、極力人の手を介さないオールロボットの新鋭工場で一括生産しています。そのため、小さな工場を点在させるよりも1つの大きな工場で生産するスケールメリットで工場の設備費用や人件費を大幅に削減しています。

アルピナ工場から各拠点への輸送は、自社の大型トレーラーによる大型輸送ネットワークを利用しているため、輸送コストも大きく削減できます。また、お客様との窓口であるサービススタッフやコールセンターは、自社のインフラでインターネットや電話自動応答、スマートフォンなどのITを活用しており、コストダウンに繋がっています。

多く飲めば飲むほどお得になる

水の配送は、配送先までの距離によってコストが異なってくるため、本来、配送エリアによって配送料にも違いが出てくるはずです。多くの会社では、「全国送料無料」としており、本来送料が安いエリアの方が、高いエリアの方と同一の送料を負担してしまっていることになります。そこで、「富士おいしい水」は、送料を水の代金から切り分けエリア別の送料を設定。

これにより全ての方に無駄の無い料金設定を実現しています。また、配送料と同様、ウォーターサーバーのレンタル無料は、レンタル料も水の価格に含まれており、サーバー1台の月額レンタル料に相当する費用が、およそボトル2本の代金に組み込まれた価格設定になっています。つまり、3本以上購入する方は、2台目、3台分目のレンタル料を毎月負担していることになります。

「富士おいしい水」ではサーバーにかかる費用を水の代金から切り分ける事により、全ての方に無駄の無い料金体系を実現しています。

まとめ

ウォーターサーバーのサービスは、激安価格を実現するため、各社で工夫を凝らしています。お得にウォーターサーバーを導入するには、配送エリアや水の消費量に応じて細かい料金設定をしている会社から、自分に合ったサービスを選ぶのがよいでしょう。