1. さまざまな使い方でウォーターサーバーを徹底的に活用しよう!

さまざまな使い方でウォーターサーバーを徹底的に活用しよう!

[記事公開日][最終更新日]

さまざまな使い方でウォーターサーバーを徹底的に活用しよう!

ウォーターサーバーの安心・安全な水は、そのまま飲んでもおいしいですが、コーヒーや緑茶、紅茶にお湯割り、料理用にと、たくさんの使い方が広がります。今回は、ウォーターサーバーを最大限に活用する方法を紹介します.

飲み物や料理にあう水の種類

鍋

水がおいしいと、飲み物や料理の味も格段によくなるのが嬉しいところ。特に水によって味に差が出るのが緑茶です。普段づかいの茶葉でも、おいしい水で淹れれば高級煎茶かと間違うほどの違いが現れます。日本人の場合は、風土により軟水が好まれる傾向にあるようです。まろやかな口当たり、かつミネラルを含んだ軟水で、コーヒー、緑茶、紅茶を淹れて、使い方を広げてみましょう。

また、水によって味に変化が出やすいのが、炊きたてのごはん。好みは人それぞれですが、一般的には弱アルカリ性でミネラルを含んだ軟水が、米の味をより引き立てるとして好まれています。軟水で炊いたごはんは香りやつや、風味がよく、噛むほどにほのかな甘みが広がります。保温にしたままでも黄色く変色しにくく、においも抑えられることがわかっています。

80〜90度のお湯がすぐに出せる温度調節機能のついたウォーターサーバーなら、調理中にお湯がほしい時にすぐに準備できるし、忙しい時は即席麺などにそのままお湯を注いで食せるので便利。お酒を嗜む方なら、焼酎のお湯割りを楽しむ使い方もあります。

乳児のミルク用やペット用の使い方

赤ちゃん

2011年の東日本大震災による放射能汚染などの心配により、乳児のいる家庭ではウォーターサーバーを導入するケースが多いようです。乳児は、胃の働きがまだ未熟なため、国産の天然水(軟水)や、ピュアウォーターを選ぶのがおすすめ。外国産のミネラルウォーターには、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル成分が多く含まれ、乳児の体には大きな負担となるため、避けた方がよいでしょう。

ペットのいる家庭なら、ペットにウォーターサーバーの水を与えても構いません。こちらも外国産のミネラル成分が多いミネラルウォーターより、国産の軟水がおすすめ。ドライのペットフードを与えている場合は、慢性的に水不足になりがちになるので老廃物を排出しやすくなるよう、水分をたくさん与えましょう。

まとめ

さまざまな使い方ができるウォーターサーバーは、コーヒーや緑茶、紅茶などの嗜好品の味をよくします。もちろん料理にもよく、特に軟水でごはんを炊くと、味が一層よくなります。温度調節機能のついた製品なら、調理にお湯が必要な時や即席麺、お湯割りなどに使えて便利。乳児のミルク用やペット用には、ミネラル分の少ない軟水などがおすすめです。