1. (アクアソムリエが伝授!)知っておきたいシーン別 水の選び方・飲み方

(アクアソムリエが伝授!)知っておきたいシーン別 水の選び方・飲み方

[記事公開日][最終更新日]

(アクアソムリエが伝授!)知っておきたいシーン別 水の選び方・飲み方

ミネラルウォーターはたくさん種類があって何を選んでいいかわからないという方もいらっしゃると思います。

前回のコラムで年齢やライフステージでの選び方についてお話したので、今回は生活シーンに合わせて選ぶ方法や、飲み方についてご紹介したいと思います。

朝一番は奇跡の水!?

water

まず、朝一番に飲む水は「奇跡の水」と言われるほど、とても重要です。お腹が空っぽの状態なのでとても吸収が早く、水が入ることで胃腸が刺激されて活動を始め、便通を促し、体に不要なものを排出してくれます。

便秘気味の方は、炭酸水を少し冷やして飲むとさらに効果的です。すでにお腹が重い状態の方は、炭酸水で、さらにマグネシウムが少し多めに入っているものがおススメです。

マグネシウムには腸に水を集め、便をやわらかくする働きがあるからです。

飲む量はコップ1杯で十分です。ただし、朝一番の口の中には雑菌がたまっていますので、まずは1度口をゆすいでから飲むとよいでしょう。

朝食時にも1杯の水を

朝食の際にも水を1杯飲みましょう。コーヒーや紅茶を飲む方は水を飲まないという方もいらっしゃると思いますが、それとは別に水も飲んだ方が良いでしょう。

コーヒーや紅茶には利尿作用があるため、身体が必要としている水分以上の水が排出されてしまう可能性があるからです。また、ミネラルウォーターに含まれているミネラルは食事に含まれるビタミンと一緒に摂取した方が効率よく吸収できるものもあります(例えばカルシウムとビタミンDなど)。

その際に飲む水の種類ですが、基本的には料理の味を引き立てる(邪魔しない)水を選んでいただければいいと思います。これは昼食や夕食でも同じことが言えます。

合わせ方は、お好みもあると思いますが、一般的には素材を活かしたシンプルな料理(お刺身やサラダなど)や淡泊な味のものには、軟水が合いますし、バターや油、香辛料などを使った少し味の濃い料理やカロリーが高めの料理には、硬水や硬度が高めの炭酸水が合います(炭酸水には硬度が低いものもあります)。

飲むタイミングとしては、あまり食事の直前すぎると、胃酸が薄まり消化を妨げることになるので、少し食べ始めてから飲むか、食べ過ぎが気になる方は食事の15分前ぐらいまでに飲んでおくと良いでしょう。

栄養不足が気になる方には硬水がおススメ

蛇口

栄養のバランス面から考えると、水にもカルシウムやマグネシウムなどを多く含むものがあるので、食事の内容が偏りがちな方は、そういったミネラルを豊富に含む水(硬度が高い水)を選ぶと良いでしょう。

特にカルシウムやマグネシウムは、ほとんどの世代で不足しているミネラルなので、積極的に摂取する必要があります。

カルシウムを多く含む牛乳・ヨーグルト・チーズなどの乳製品、骨ごと食べられる魚、殻を食べられるエビ、葉物等や、マグネシウムを多く含む納豆などの大豆製品、魚介類、海藻、木の実などをできるだけ食事に取り入れるようにすることが大事ですが、それが難しい場合は、硬水などで補うことをお勧めします。

また、オシャレなビン入りのミネラルウォーターも今はたくさんありますので、ホームパーティーや、ご家族の特別な日、自分の気持ちを上げたい日などを選ぶと良いでしょう。

おいしい炭酸水はシャンパングラスで飲むとお酒を飲んでいるような錯覚を起こしてくれますので、妊婦さんやお酒の飲めない方へのプレゼントとしても喜ばれます。

普段の生活の中でも、こまめな水分補給を大切に

通勤時や、仕事、家事の合間などにも、こまめに水分を補給しましょう。ちょっと疲れた時や気分をリフレッシュしたい時には、炭酸水がおススメです。

炭酸には血管を広げ、血行を良くする働きがありますし、喉や鼻孔への刺激によってリフレッシュできます。ほとんど座ったままの仕事の方は、血行が悪くなりやすく血栓症などを招きかねないので、少し足を動かしたり、こまめに水を飲んだりすることが大切です。

入浴やスポーツをする際には、できればその前後に水分を補給すると良いでしょう。

汗で水分と一緒にミネラルも失われてしまうので、ナトリウムや他のミネラルを少し含んでいる水がおススメです。

ミネラルウォーターに含まれるナトリウムの量はさまざまで、1㎎未満のものから1,000㎎以上(1,000mlあたり)含むものもあります。硬度とは無関係ですので、ラベルを見てチェックするようにしましょう(硬度が低くてもナトリウムを多く含む水もあります)。

むくみが気になる場合はナトリウムが少ないものを選び、あまり冷やさずにお風呂の後などに飲むとよいでしょう。

また、寝ている間にもたくさんの汗をかくので、就寝前にもコップ1杯の水を飲んでから寝るようにしましょう。寝ている間にトイレに行くのが嫌という方は、就寝1時間前ぐらいまでに飲んで、トイレを済ませておくと良いでしょう。その際の水は、身体をあまり刺激しない軟水がいいと思います。

ここに挙げた生活シーン以外でも、生活の中で水をこまめに飲み、しっかりと水分補給する習慣をつけることが大切です。

【専門家プロフィール】

アクアソムリエ 山中亜希

山中亜希

2004年、ミネラルウォーター専門店「AQUA STORE」の立ち上げと同時にイタリアにてアクアソムリエの資格を取得。2008年4月より、アクアソムリエを養成するミネラルウォーターの専門スクール「AQUADEMIA」を開校し、校長に就任するとともに、「AQUA STORE」のディレクターとしても活動。

ミネラルウォーターの正しい知識・情報の普及のために、セミナーや講演、企業へのコンサルティング業務などを行っており、台湾・上海・香港・マカオなど海外からも、セミナーの講師として招聘されている。